小さなワンコ セエラ

思い出カテゴリー第五弾

2003.7.21
高松のブリーダーさん宅(ロングスローディスタンス犬舎)から
飛行機を乗り継いで松本空港にやってきたセエラ
2003.6.9生まれだからまだ1ケ月半 小さな箱の中で目をクリクリさせていた
さっそく主人がお水を飲ませるとおいしそうに飲んでいた
自宅までの道中(1時間)も時々車を止めて様子を見たりお水を飲ませたり…
我が家に着くと水を得た魚のように元気いっぱい
でもあちらに跳んで行ってはチー こちらに戻ってはチー
は~ 子犬ってこんなにチョコチョコしているの?
ペットシーツにすぐチーができないの? まったく~
ニャンコは突然ワンコがやってきたものだから
いつものおりこうさんニャンコから突然変身
ファーと威嚇するは嫌がらせで主人がいつも座っている場所にう○Pをするはで
静かだった我が家が急に騒がしくなった
だからワンコを飼うのは嫌だと言ったのに…
このニャンコは2006年に14歳で亡くなったのだがセエラとは最後まで折り合いが悪く
仲良くなれなかった
とうとうニャンコの住まいは二階になった
だからセエラは二階には一度も上がった事は無い
セエラはニャンコが亡くなった時きちんとお別れもしたのだけれど
今でもニャンコが二階に居るのでは…?と思っているのかもしれない
私が二階に上がって行くと突然上を見てジェラシー丸出しになる
というわけでセエラが我が家にやってきた

img2003.7.9 (5)

    セエラ生後1カ月 ブリーダーさん提供 (2003年7月9日)

私は面倒は見ないから良いけれど(笑) 先が思いやられる…




関連記事
category
思い出
genre
写真
theme
犬の写真

Trackback

http://blogantyansera.blog94.fc2.com/tb.php/634-e99d587a