私の上に降る雪は(中原中也)

昨日も雪降りになりました…
雪を見ていたら中原中也を思い出しましたので
彼の詩を掲載して上田城址公園の様子をアップ
行った気分でお散歩して下さい(笑)

IMG_1188_convert_20130216192434.jpg
                (2/13画像)

生ひ立ちの歌(中原中也)

    幼年時
私の上に降る雪は
真綿(まわた)のやうでありました

    少年時
私の上に降る雪は
霙(みぞれ)のやうでありました

    十七―十九
私の上に降る雪は
霰(あられ)のやうに散りました

    二十―二十二
私の上に降る雪は
雹(ひよう)であるかと思はれた

    二十三
私の上に降る雪は
ひどい吹雪とみえました

    二十四
私の上に降る雪は
いとしめやかになりました……





私の上に降る雪は
花びらのやうに降つてきます
薪(たきぎ)の燃える音もして
凍るみ空の黝(くろ)む頃

私の上に降る雪は
いとなよびかになつかしく
手を差伸べて降りました

私の上に降る雪は
熱い額に落ちもくる
涙のやうでありました

私の上に降る雪に
いとねんごろに感謝して、神様に
長生したいと祈りました

私の上に降る雪は
いと貞潔でありました






関連記事
category
風景(上田市・東御市)
genre
写真
theme
ある日の風景や景色

Trackback

http://blogantyansera.blog94.fc2.com/tb.php/622-fa66398b