FC2ブログ

三年…

朝は1℃だったけれど昼間は22度まで気温が上がった
春らしい暖かい風がさ~と吹いた
あ~セエラが通り過ぎて行ったのかなぁなんて思いを馳せる
セエラが亡くなって3年が経った
未だセエラは私の中にどかっと居座っている
ふと思う
亡くなったセエラの魂はどこにいるのだろうか? 

個体は無くなっても永遠にセエラは私の心の中に生き続けている
とっても寂しいことだけれどいつも一緒だね
個体にはさよならしたけれど魂はいつも一緒
だから私が生きている限り眺める景色はいつもセエラと一緒

何だかとりとめが無く辻褄が合わない文章になってしまった
色々な想いが交錯するからかな

こちらは元気で楽しくやっているよ
それが何よりだものね
先日の飛騨旅行の時はセエラの大好きだった
「風穴の里」のお水を汲んで来ようと思ったけれど
冬季で水道が止まっていて汲んでこれなかったよ

IMG_0248_convert_20120528195939[1]   
             (2012.5.27 風穴の里にて)

でも飛騨の旅はセエラも一緒で楽しかったよね
皆で盗み食いの話になったよ(笑)
お供えはお饅頭とどら焼きとピヨピヨシュー(笑)
お饅頭10ケ時々盗み食いしてたものね(笑)

012b61780db0a07e8b9be75ff0ecdede28ea4b9ecd.jpg012dfe6096f0703bf974f5ed49aa185421d7dbbc8d.jpg

これからもレイラと一緒に色々な景色を眺めて行こうねセエラ











関連記事
category
漂流郵便局ほか(手紙)・命日
genre
ペット
theme
ワンコ日記

Comment

Trackback

http://blogantyansera.blog94.fc2.com/tb.php/1152-632f0b2e