Entry Navigation

会津へ

2日目はペンションから2時間ほどの
福島県に足を延ばしました
山桜咲く大内宿です

sIMG_1823.jpg

山形県側の駐車場にはすんなり入れたので
空いているのかな?と思いきや人でごった返しています

sIMG_1830.jpg

ブラブラ散策

sIMG_1853.jpg

かやぶき屋根の家屋がそのまま残る宿で
江戸時代にタイムスリップです

sIMG_1850.jpg

各地のそば粉を使ってそばを打つのが楽しみな主人
さっそく買い求めていました

sIMG_1861.jpg

あまりの人の多さに早々に引き揚げ
次は 「塔のへつり」 まで(へつりとは会津の方言で断崖のことだそうです)

sIMG_1875.jpg

会津地方の国の天然記念物で100万年もの長い歳月をかけ
浸食と風化を繰り返しできた奇岩だそうです
レイラは主人と一緒に吊り橋を渡りました
高所恐怖症の私は揺れる吊り橋は無理でした(笑)

sIMG_1881.jpg

吊り橋を渡った先の下に岩のお堂がありますが
危険そうなのでお堂まで行かず引き返してきましたよ

この後 喜多方に行ってラーメンを食して
温泉に行く予定でしたが 
お城フェチの主人がせっかくだから 会津若松城(鶴ヶ城) に寄りたいと…
予定変更です

sIMG_1917.jpg

桜の季節はさぞかし綺麗だったでしょうね
石垣も赤瓦も素晴らしいお城でした

sIMG_1889.jpg

桜のがくが付いて大変でしたが一周してペンションに戻りました

   sIMG_1911 - コピー

お昼は喜多方ラーメンを食べ損ねたので
大内宿で食べ歩きしただけになってしまいました(笑)

sIMG_1843.jpg sIMG_1859.jpg

これにて2日目終了
3日目は帰宅するのみ
米沢から一般度道で小国町を抜け新潟県に入り
日本海東北自動車道 で無事帰宅しました

今回 山形・福島とまわり
ペンションのオーナー夫妻もとても良いお人柄でしたし
山形・福島は山国で信州と食文化等も似ていて
東北の方の温かみを感じた旅になりました
主人はこれで本州全県制覇
北海道・九州は除きあとは四国の高知だけだそうです
次回はレイラのお里帰りとともに高知県に出没できるかな?

s01fb96097960ce72043c8e2382c9542fc36e555cec - コピー

またどこかに出没するからね! byレイラ






category
おでかけ・旅行(福島・山形・宮城)

上杉神社&香坂氏&ペンション

お釜から下りやって来たのは上杉氏の城下町である米沢市
今度は上杉神社でお参りです
大きな市のようですが人口は上田市の約半分だそうです

  sIMG_1789.jpg

米沢藩祖である上杉謙信公を祀る神社
旧米沢城本丸の奥御殿跡に建てられています

  sIMG_1799 - コピー


またまたどうでも良い話ですが
私にとってはちょっと感動だったので記します
私の実家の家系は
信濃国小県郡の氏族 滋野氏の嫡流である祢津(禰津)氏の
禰津宗直の五男貞行を祖とする香坂氏で
時代を経て神主をしていたようです
この上杉神社の脇で香坂というお酒の奉納立て札を発見しました

sIMG_1800.jpg

戦国時代に上杉家の家臣となり存続した者もいると
ネット で調べたら書いてありましたので
時代を経て造り酒屋になった方もいたのでしょうか?
大袈裟ですが遠い祖先と思われる方の奉納立て札に
思わぬところで出会って感動でした

    sIMG_1803.jpg

米沢城史苑(よねざわじょうしえん)で食べ歩きをしたり
お土産を買ったりしてお宿に向かいます

sIMG_1805_201705111919368dc.jpgsIMG_1807_201705111919385fc.jpg

お宿は米沢市内から車で30分ほどの米沢スキー場内にある
ペンション「 おもちゃばこ 」さんです

sIMG_1815 - コピー

スキー場で少し遊んでいると夕日が沈むところでした

sIMG_1819.jpg

ペンションは少し急な階段を登ったところが玄関
随分高い所が玄関だなぁと思ったら
ここは積雪が2mを超えるので
冬は玄関がちょうどここになると教えていただきました

s012fc7157fd2996fec21b48671ecc3db498fb931b5.jpg

もちろん古いペンションですから洗面もお風呂もトイレも共同で…
お部屋もそれほど広くはありませんでした
こんなお料理が出てきました

s01417be677c4f55a5ff62426b66584c59ced272dc7.jpgs01b996825e61935fc4bd788764cf04f13167fdc177.jpg
 
もとレストランをやられていたオーナー 食事はとても美味しく
米沢牛までついてリーズナブルなお値段
設備からすると比べるのも何ですが
某Bi○aDOGさんの大人一人1泊分で
二人で2泊できてしまいました(笑)
これにて1日目は終了です






category
おでかけ・旅行(福島・山形・宮城)

お釜は半分白く壁も白かった…

宮城県に入りました
ここから宮城・山形両県の蔵王連峰をまたぐ
4/21に冬季閉鎖解除された蔵王エコーラインを走ります
お天気も良いので霧の心配もないでしょう
さてさてどんな様子でしょうか
除雪でできた雪の回廊 お~真っ白な雪の壁
この時期限定の雪の壁が見えてきましたよ
この冬は雪が多かったそうで雪の壁も高い

s01a1b3546f2ca122668a978e7b534a00869e87fcbb - コピー

どんどん上って行くと突然車が目の前にたくさん見えてきて
あらぁ駐車場待ちの車の渋滞…
今まで順調に走ってきただけにガッカリ
やはり恐るべきGW

のろのろ進んで駐車場に入りました
蔵王のシンボル的存在のお釜に行きます
駐車場から目的のお釜(五色沼とも呼ばれる)
までは歩いて7~8分です
草津白根山の湯釜と同じ火口湖ですね
去年はふくちゃんやZIPのそらちゃんも来ていたよねぇ

   sIMG_1663 - コピー

お釜が見えてきました う~ん白根の湯釜のほうが大きいかな
来る前にライブカメラで見たとおり
エメラルドグリーンのお釜じゃない
半分白く半分エメラルドグリーン
主人曰くエメラルドグリ-ンのお釜は白根山で何回も見ているから
雪があるお釜が良いんだとさ

sIMG_1764 - コピー

歩道を歩けば良いのに
雪を見てテンションマックスのレイラはずんずん雪の中へ

sIMG_1700 - コピー

お釜より雪だよねぇ 泥と雪でアンヨが真っ黒だぁ

sIMG_1733 - コピー

大好きな雪を堪能したレイラ

sIMG_1719 - コピー

次は刈田岳山頂の刈田嶺神社までお参りに行きます

   sIMG_1767 - コピー

アッ小さいそらちゃん!とか言われちゃった(笑)

sIMG_1781.jpg

お参りを済ませ蔵王連邦を見渡すと
信州の山に比べかなり奥が深く雄大だった
紅葉の時期も綺麗でしょうね

sIMG_1776 - コピー

この時期限定の雪の壁・白いお釜を堪能し

sIMG_1771 - コピー

汚れた手足も綺麗にしてお釜を後にしました









category
おでかけ・旅行(福島・山形・宮城)

福島県に着きました

GW後半 蓮家&はる家とちらっと会おうか~の予定が
キャンセルになったので
急きょお泊りで出かけする事になった
お宿を決めたのは10日程前 
主人が急に行きたい所があると言い出して
ぜ~んぶ手配してくれた GWなのによくお宿が取れたものだ(笑)
まぁこの時期あまり人が行かない?山形ですから~
何十年もサラリーマンやっていると職場の旅行やら何やらで
本州全県 観光等々で制覇したそうで
山形県は6年前にセエラと四寺回廊で 立石寺(山寺)
行っただけなので
次回行くなら行先は山形と決めていたらしい
長野県は本州の真ん中に位置するので
北も西も行きやすいのかもしれません
ということで5/5Am5時出発です ゴーゴーゴー
北関東自動車道経由東北自動車道で現地に向かいます
さて渋滞は…

s017c965b035623b0c4b4c1f35152625ea9724aecc6 - コピー

順調に走り午前9時 福島県は安達太良SAに着きました
詩人 高村光太郎の妻智恵子のふるさとです
『智恵子抄』の中に「あどけない話」という詩があります

智恵子は、東京に空が無いといふ
ほんとの空が見たいといふ
中略
阿多多羅山(安達太良山)の山の上に
毎日出ている青い空が、
智恵子のほんとうの空だといふ
あどけない 空の話である


s01c524295794956a8fc00b370ee9daa907009e6809.jpg

レイラの横にある看板はこの詩の一節からですね
いつか記念館も訪ねてみたいな

どうでも良い前置きが長すぎ(笑)
山形県目指して出発します









category
おでかけ・旅行(福島・山形・宮城)

立石寺~猪苗代湖~帰途へ

2日目最後に向かったのは  立石寺(山寺)
こちらは山形県にあり今回の「四寺回廊」最後のお寺になります
偶然今晩のお宿(宮城県)と近いので行く事が出来ました
雪に変わりました

s-IMG_6819.jpg

芭蕉はこのお寺では 「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」 の句を残しています
ワンコOKですが雪交じりの雨になってしまい下はドロドロ
ここを歩いてからお宿に行くにはちょっと…という事でセエラは車でお留守番

s-IMG_6820.jpg

「四寺回廊」最後のお寺では色紙がいただけます
それぞれのお寺で字が違うのですがここ立石寺は「忍」の色紙でした

s-P1020184.jpgs-P1020183.jpg

写真が四大名刹すべてを廻った証拠の ありがたい【御朱印】 
この御朱印は松島「端巌寺」の臥龍梅の木で作られているそうです

s-P1020174.jpgs-P1020178.jpgs-P1020181.jpg

これで慈覚大師円仁が開いたお寺をセエラと一緒に全部廻ることができ
松尾芭蕉の「奥の細道」の旅にもちょこっと触れることができました

さてまた宮城県に戻りお宿に行きます
蔵王町は遠刈田温泉にある  「ペンションたんぽぽ」  さんです
大型犬にはちょっと狭かったかな… とにかく泊まれる場所が少ないので贅沢は言えません(笑)

s-P1020166.jpgs-P1020169.jpg

3日目
今日も良いお天気 明日から仕事なので早く帰りましょう

s-IMG_6831.jpg

途中 少し横道に反れ磐越自動車道に乗り猪苗代湖に寄って見ることにしました
ところがところが… ガ~ン 
高速道の途中から雪が降りだし猪苗代湖は7~8cmほどの積雪

s-IMG_6848.jpg

セエラは喜んでいましたけれど私たちは…

s-IMG_6846.jpg

湖には白鳥とカモがものすごい数 観光客にエサをもらっていました

IMG_6841_convert_20111217155800.jpg

もう何処にも寄る気力がなくなり即引き返しました(笑)
少し走ると雪はまったく無し ホッ

s-IMG_6856.jpgs-IMG_6857.jpg

途中 栃木県は出流原PAあたりでは気温15℃でぽかぽか 数時間で春と冬を体験しました

s-IMG_6864.jpg

来た時と同じようにSAに寄りながら無事信州に帰ってまいりました

今回は震災被害の一番ひどかった沿岸部には行きませんでしたし
東北にいる間 身体に感じた地震は1回だけでしたが
まだまだ復興への道のりは遠いですよね
この大震災を風化させることなく何かのかたちで応援していきたいなぁと思った旅でした

自己満足の(笑)旅行記にお付き合い頂きありがとうございました

category
おでかけ・旅行(福島・山形・宮城)