Entry Navigation

秋晴れに誘われて

青い空が広がっています 秋晴れに誘われてお出かけ~
今朝の当地の気温は4℃です 軽井沢はなんと1℃だそうですよ
今日はどこに連れて行ってもらえるのかな? 
行き先はいつものように運転手任せ
まず寄ったのは何度も何度も来ている 道の駅 風穴の里
ここのお水はセエラも大好きだったのでレイラにも ごくごく飲んでいました
そしたら写真撮っても良いですかと滋賀ナンバーの車の方が近寄ってきました
どうぞ~と言ってお話していたら 
昔オールドを飼っていてね… 懐かしくなって思わず声をかけましたと
オールド談議に花が咲いて暫しお喋り 写真がありません(笑)

sIMG_8184.jpg
      (帰りのSAでの写真)

ということは飛騨高山にでも行くのかしら~?
安房峠平湯料金所から見えた飛騨の名峰 北アルプスは笠ヶ岳
雪はありませんが美しい山です

sIMG_8134.jpg

東海北陸道から北陸自動車道へ入りました あれれどこへ?
まさか日帰りで能登なんてありえないよね  小矢部川SAで

    sIMG_8137.jpg

そして目的地は金沢でした~ 石川の小京都とも言われるひがし茶屋街です

sIMG_8138.jpg

江戸時代の加賀藩公認の茶屋まちです
格子戸を備えた町屋が続いています

sIMG_8169.jpg

私は何年ぶりかで此処に来ましたが街並みは変わっていないのは当然ですが
お店が変わっていて驚きましたし新幹線効果で人も多い

     sIMG_8143.jpg

人気者のレイラでした きんつばも美味しかったよ

     sIMG_8172.jpg

小さなな街だけれど
ぶらぶらしていたらあっという間に時間がたってしまい日帰りなので帰ります

金箔ソフト sIMG_8156.jpg

新潟県のSAにて 後方の日本海は穏やか

sIMG_8202.jpg

こちらは日本海の荒波から高速道を守る消波ブロック

sIMG_8213.jpg
sIMG_8216.jpgsIMG_8215.jpg

外にいるより車に乗っている時間が長かった日帰り弾丸ドライブだったけれど
レイラは大満足

sIMG_8176 - コピー

お父さんまたお願いしますね











category
おでかけ・旅行(石川)

能登のお宿⑤

素朴で温かみのある町能登
今回の能登~白川郷の旅の始まりは主人からのメール(笑)
主人:10/1 あさって3日土曜日に「金沢わおん」を1泊でとっておいて
私:え~… 無理です
主人:電話だけしてみて
私:空いていません テント泊でもしたらぁ…
ということで我が家らしい急な旅行です
暫くして 主人:ここ空いていたからヨロシクと
そして宿泊先が奥能登の 能登観光ホテル だったので能登まで出かけたわけです

 sIMG_0521.jpg sIMG_0525 - コピー

覚書なので記しておきます
実はセエラが亡くなった3/27は金沢旅行に2泊3日で
行っているはずでした 多分能登方面にも行っていたかと
ところが一週間前に急にセエラ体調を崩し「金沢わおん」をキャンセルしたのです
そんな事もあって行き先が能登なのかな?
お宿の話に戻します
北陸はペット可(大型犬)のお宿が極端に少ない
最初私はこのホテル(名はホテルですが少し大きめの民宿かな?)
に宿泊するのは…でした(笑) 下の写真が本館です

sIMG_0518.jpg

ネットで見るとペットは離れのお部屋でとてもレトロだったから
実際の写真はコレ 玄関と離れの建物です

sIMG_0511.jpg sIMG_0510.jpg

中に入るととても広くて天井は無垢で立派な造りでした

sIMG_0519.jpg

お風呂もお部屋に付いていましたが今は使用していないようでは本館まで行きました
そうそうこんなですがペットのお風呂もありました

sIMG_0512.jpg sIMG_0513.jpg

でも初お泊りのレイラにとっては思ったより静かで広くてなかなか良かったですよ
海が目の前なので初日の荒れた海はちょっと怖かったけれど…

sIMG_0515.jpg

お料理もとても豪華でデザートは塩アイス これが美味しかった
朝食は本館の二階の大広間でいただきました(ペット不可)

sP1060356 - コピー

海を眺めながらの食事で美味しくいただきました
思ったよりゆっくりできて食事も美味しくて大満足でした
一緒になったラブちゃん連れの方も能登は金沢より空いていてのんびりできて
とても良かったとおっしゃっていました

soyado.jpg
sP1060358 - コピー s朝食

さてレイラ初お泊りの点数は(笑) 主人は76点 私は90点です
76点の内訳は (100 - 35 + 11) -35点は世界一長いベンチで
主人が呼んでも来なくて逃げたからだそうです あとはまずまずで11点の加算

        sIMG_0470 - コピー

私の-10点はレイラが畳の上で一回お尻を下げた…
初お泊りで念のためおむつをはかせておいたので大丈夫でしたが
これはまずいですね 自宅ではほぼ完璧なトイレもやはり宿泊先では心配です

sIMG_0397_2015101121113181f.jpg

そんなこんなで能登旅行記はこれでおしまいです
長いことお付き合いいただいてありがとうございました







category
おでかけ・旅行(石川)

能登の旅2日目③

お宿の話はあとにして2日目の朝を迎えました
ここは真浦海岸です 朝のお散歩は垂水の滝まで行ってみました

sIMG_0538.jpg

sIMG_0544.jpg

昨日に比べ波は穏やかです
 
sIMG_0548.jpg

な~んにも決めてこなかった今回の旅行… 
朝食を食べながら今日の行き先を決めます
一緒になった山口からいらしたラブちゃんが金沢に寄ってきたそうで
激混みでワンコが歩くのは厳しかったとおっしゃっていたし
主人も来週金沢に来るらしいので金沢はパスして輪島の朝市に行く事に決定

sIMG_0561.jpg

有名な日本三大朝市の一つが輪島の朝市 活気にあふれていました
(この写真は人が少ない)

sIMG_0562 - コピー

能登のおばちゃんパワーはなかなかのものでこの市を支えているのですね
おばちゃんとのかけ引きも面白かった

sIMG_0566.jpg

両側にお土産物や輪島塗の商店が並び 
その前に露天が軒を連ね海産物や野菜が売られています

swajima.jpg sIMG_0568.jpg

品物も色華やかに陳列され観光客の目を引きます

sIMG_0557 - コピー

レイラは毛布みたいなワンちゃんだねと言われました

sIMG_0572.jpg

イカが入ったパンも売られていましたしお洒落な喫茶店もありました 
ギャップが面白い

swajima (2) sDSC_1464[1]
喫茶 sおばちゃん
輪島塗

お買い物も終わりさあ出発

sIMG_1606 - コピー (2)

これで能登ともさよならです






category
おでかけ・旅行(石川)

奥能登まで②

次は世界一長いベンチ  しか~し誰も居ない
長いベンチにレイラ一人(1ワン) 能登は空いているね 

   sIMG_0478.jpg

信号もほとんど無い長閑な国道&県道の海岸線を走ります 
するとN○K朝ドラ「まれ」のロケ地・舞台…等の
ポスターがあちこちに貼ってある
な~んの下調べもしてこなかったので
ここで初めて今年の朝ドラの舞台だと知った(笑)
偶然通った間垣の里(輪島市大沢町) ここもドラマの舞台になったらしい

間垣の里

竹でできた間垣は日本海から吹き付ける冬の海風
夏の西日から家屋を守るそうです とても素朴な風景でした

間垣の里 (2)

輪島市内に入りました 少し町を歩いてから
世界農業遺産の「白米千枚田」に向かいます
千枚田ポケットパーク 

sIMG_0498.jpg

ここは観光客が多くレイラは囲み取材を受けました(笑)

sIMG_0504_201510092135320e4.jpg

幾何学模様の美しい1,004枚の棚田

sIMG_0503.jpg

現在は観光のためにこの千枚田でお米を作っているとか…

sIMG_0495.jpg

まさしく日本の原風景です

sIMG_0492.jpg

最後に塩の駅 「輪島塩」 に寄って珠洲市のお宿に向かいました

sIMG_0507.jpg
sIMG_0508.jpg sIMG_0509.jpg

これにて一日目終了





category
おでかけ・旅行(石川)

能登の旅①

加賀市を出発して能登に向かいます
まずは千里浜なぎさドライブウェイに
日本で唯一(世界でも3カ所)しかないという車で走れる海岸です

sP1060347.jpg

お天気は良いけれど風が強く波が高い
本日は車は走れません…

sIMG_0370 - コピー

我が家にとってはラッキー
だって車がいないからレイらが走れる~

sIMG_0375.jpg

というわけで走る

sIMG_0397.jpg

砂で汚れても走る

sIMG_0423_20151008191139ec3.jpg

車酔いでよだれダラダラでも元気に走る(笑)

sIMG_0391.jpg

車から降りると別犬レイラ(笑) あ~楽しかった

sIMG_0421.jpg

次は能登金剛
人が少なくてここは観光地?って思うくらい

sIMG_0430.jpg

ワンコOKの遊覧船もあるみたいだけれど波が高く欠航

sIMG_0442.jpg

我が家の旅行は何かがあるのが当たり前(笑)
この位なら良しとしよう

    sIMG_0454.jpg

ブラブラ散策してさあ次に行こう





category
おでかけ・旅行(石川)

雪は天から送られた手紙

10/3 十数年ぶりに石川県加賀市に行ってきました
目的はここ 中谷 宇吉郎(なかや うきちろう)博士
中谷宇吉郎雪の科学館 です(ワンコは入れません)

sIMG_0357.jpg

北陸はプライベートというより
団体さんで来る事が多かったのでなかなか此処には来れずにいました
この「雪は天から送られた手紙である」という言葉は
博士のエッセイ集『雪』のなかに書かれていて
とてもロマンチックな言葉です

世界で初めて人工的に雪の結晶を作ることに成功した中谷宇吉郎博士は
雪の結晶のことを「天からの手紙」と表現しました
雪の結晶はこの世界に1つとして同じ形の物はないそうです
雪の結晶を調べると上空の気象状況が分かるということです
まさに自然が作りだした極上のアートですね

「真っ暗なベランダに出て懐中電灯を空に向けて見ると、
底なしの暗い空の奥から、
数知れぬ白い粉が後から後からと無限に続いて落ちてくる。
それが大体きまった大きさの螺旋形を描きながら舞って来るのである。
そして大部分のものはキラキラと電燈の光に輝いて、
結晶面の完全な発達を知らせてくれる。
…何時までも舞い落ちてくる雪を仰いでいると、
いつの間にか自分の身体が
静かに空へ浮き上がって行くような
錯覚が起きて来る」(『雪』より)


sIMG_0361_201510062103547a2.jpg

天から降ってくる雪を見ながら感じる何とも言えない感覚
この感覚を上のような一節で表現するとは何と素晴らしい!
科学者でありながら詩人でもありますね
下の写真は中庭にあるグリーンランド氷河の原(修景/中谷芙二子)
博士が最後に研究をしたグリーンランドから持ってきた
60トンの石で作られていて水道水を使っての人工の霧を見ることができます  

sIMG_0362.jpg

異常気象… これまで経験した事がない…
そんな言葉を多く耳にするようになった日本列島
北極の氷は現在1980年代の半分になってしまったとも聞きます
氷は降った雪が固まり何万年もかかってできた地球の宝
この宝を私たち人間は未来に残していけるのでしょうか…
ずっと行きたかった 「中谷宇吉郎雪の科学館」を堪能できました

sIMG_0366.jpg

さて旅の様子はボチボチ更新です





category
おでかけ・旅行(石川)